2012年09月28日

産經新聞に「国際俳句蕪村賞」の記事掲載〜9月28日朝刊「文化面」に〜

                                                                                                            
蕪村顕彰俳句大学 事務局


  9月23日(日)に大阪市立淀川小学校で盛会の裡に終えました「蕪村顕彰俳句大学・第5期講座」の優秀句表彰式の模様は、本欄に既に詳しく掲載致しております。引き続き近郊の「蕪村公園」で行いました「受賞句プレート碑」の5基目の除幕式も、記載しております。改めてご参加の方々にお礼申し上げます。

 article_120928.jpgところで産經新聞が、本日9月28日朝刊の文化面(25頁)に蕪村顕彰諸活動の一つの同「表彰式」の記事を掲載しております。

 産経新聞は、9月21日の朝刊でも、 〜「大阪の蕪村」世界に発信〜という見出しで、当「蕪村顕彰俳句大学」が取り組んでいる「国際俳句交流」活動を取り上げて下さいました。(同記事はコチラ)。

 前記事内容を下記に掲載します。

               「国際俳句蕪村賞」
    〜ウクライナや仏から・・・3句表彰 〜

<平成28年に生誕300年を迎える江戸時代の俳人、与謝蕪村の業績を顕彰しようと、新たに創設された「国際俳句蕪村賞」の表彰式が23日、蕪村生誕地近くにある大阪市立淀川小学校(都島区)で行われた。

同賞は大阪市のNPO法人「近畿フォーラム21」(大阪市)が主催する「蕪村顕彰俳句大学講座」の活動の一環。
従来、一般の部と児童・生徒の部で俳句賞を贈っていたが、今回から国際部門として国際俳句蕪村賞を設け、上位3句を表彰することにした。

国際的な俳句熱の高まりを反映するように、海外から日本語で寄せられた句を、三村純也さん(選考委員長・大阪芸術大学文学部教授)が選考。

大阪府知事賞には、ウクライナのロマキナ・イリーナさんの「夕立の中来るバスは潜水艦」が選ばれた。また、大阪市長賞にはフランスのミッシェル・グロスさんの「畑土に罅(ひび)われはしる大夕焼け」、学長賞は台湾の廖宸暐さんの「打ち出され海に散りゆく花火かな」がそれぞれ受賞した。

近くの蕪村公園で、受賞句を記したプレートの除幕式も行った。児童・生徒の部で大阪市教育委員会委員長賞を受賞した大阪市立鷺洲小2年、庭山沙瑛さん(7)は「教室で飼っているザリガニのことを詠みました。賞を貰ってうれしい」と話していた。>
                                                   
以上が産経新聞の記事です。どうか、同記事をご高覧下さい。



posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

産經新聞に「大阪の蕪村」世界に発信の記事 〜9月21日朝刊文化面に掲載〜

NPO法人近畿フォーラム21主催
市民講座 蕪村顕彰俳句大学 事務局


 NPO法人近畿フォーラム21は、平成24年4月に「蕪村顕彰俳句大学」を開講し、今秋から蕪村生誕300年の28年まで生誕記念行事として、シンポジウム、ライブコンサート、俳句大会、蕪村銅像の設置などを計画しております。
 また、俳句を通して「国際交流」も進めたい考えで、この度「国際俳句蕪村賞」を創設しました。活動は、皆さんのご協力を得て進めております。

 そうした中で、産経新聞が同上動きの記事を、9月21日(金)朝刊の「文化面」に大きく取り上げて下さいました。大変感動しております。

下記に、同記事の要約を掲載致します。



"「大阪の蕪村」世界に発信、生誕300年を前に「俳句賞」創設 "

  <江戸時代中期の俳人、与謝蕪村が享保元(1716)年に出生してから300年となるのを前に、生誕地の大阪で蕪村を顕彰する動きが始まっている。NPO法人がさまざまな記念行事を計画するとともに、23日には新たに創設した「国際俳句蕪村賞」の表彰式を開催。関係者は「蕪村はその知名度と業績に比べ、大阪生まれであることすらあまり知られていない。生誕300年の平成28年に向け、大阪を国際的な蕪村顕彰の拠点にしたい」としている。(加納裕子)>
(中略)

 <「国際俳句蕪村賞」は、「世界一詩として海外で普及が進む俳句を通じ、国際交流を深めていきたい」と企画。今夏に俳句を募集したところフランス、台湾、ウクライナから句が集まり、23日に上位3句を大阪府知事賞などとして表彰する。これに先立つ8月には、NPOのメンバーがウクライナや台湾の俳人を招き、生誕地近くにある蕪村公園の句碑などを案内した。

 ウクライナのキエフ国立大学樹教授シェフツォバ・ガリーナさん(39)は、「蕪村は、自然の美を鋭い目線で写真のように切り取った。日本と交流しながらウクライナで俳句を広めたい」。台湾で俳句会の責任者を務める義守大学日本語学科副主任の花城可裕さん(44)は「今回の蕪村賞を、台湾の若い世代に俳句や蕪村を伝えるきっかけにしたい」と話していた。>
(中略)

<蕪村をめぐっては、淀川の堤防上に「生誕地の碑」と「春風馬堤曲」の中の「春風や堤長うして家遠し」の句碑が昭和53〜54年に建立。平成19年4月には句碑13基を設けた蕪村公園がオープンした。>

               
                 ”「優秀句記念プレート碑」(毛馬公園)の前で”
                  中央:花城可裕専任講師、右:ガリーナ助教授




  私たちの「蕪村俳句の顕彰」の活動とこれからの「蕪村生誕300年記念行事」の展開に
関して、上記の記事を掲載して頂いた産經新聞に心からお礼を申し上げます。
 どうか、大勢の方がこの記事を拝読されますようお願い致します。
posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする