◆更新情報◆

2013年05月20日

俳句国際交流先:仏からの便り ★〜仏の吉澤クロード氏から〜

 私が担当させて頂いています仏トゥールーズの「日仏文化センター」が制作しました、日仏友好関係をテーマにしたドキュメンタリー:「日仏ラブストーリー Ce Japon qu'on aime tant et qui nous le rend si bien」を、先週の月曜日からYOUTUBEに掲載しました。  内容的にはそれなりに面白いのではないかと勝手に思っていましたら、ここ一週間でVIEWが約一万回となる見込みです。どうやらお陰様で評判がまずまずみたいです。

 お忙しい処、50分近い「ドキュメンタリー」ですが、ご覧になられるお時間がありましたら、下記から是非ご拝見して頂ければ幸いでございます。

◆YOUTUBE のリンクは: http://youtu.be/knqEzpblGuM

そして因みにFACEBOOKページもございます: https://www.facebook.com/pages/%E6%97%A5%E4%BB%8F%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-Ce-Japon-quon-aime-tant-et-qui-nous-le-rend-si-bien/546442388739329

◆ドキュメンタリー 「日仏ラブストーリー Ce Japon qu'on aime tant et qui nous le rend si bien」
監督: ギヨーム・トヴロン・二ヶ国語の字幕スーパー入り。

お忙しいなか大変失礼ですが、くれぐれも宜しくお願い申し上げます! 吉澤クロード


img_p090.gif


★吉澤クロードへのご返事
蕪村顕彰俳句大学 事務局

 ドキュメンタリー:「日仏ラブストーリー」をお送り頂き、有難うございました。早速、拝見させて頂きました。

 フランス人と日本人の歴史と文化観が一致することを指摘され、日仏交流がこれから更に盛んになる見通しを伝えられるこの「映画」は、貴重なものです。

 東北大震災の地元激励に、フランスラクビ―が激励試合に一番に来て頂いた記録や、日本での「ライブコンサート」、「仏人落語家」のお笑い文化への参加等」の映像にも感動でした。

 農作物、牛肉などの「輸出」が盛んであることを初めて知りました。「食文化」の交流もあるのですね。

 日本の伝統文化・行事(盆踊り)等が、豊富に盛り込まれたドキュメントーにも、驚きました。

 日本女性が締め括りに、「日本には、四っの季節があります。是非日本に来て下さい」は、日仏交流の極めつけの言葉でした。四季を兼題とする「世界最短の詩・俳句」にも、今後交流を盛んにして頂けるよう、お願い致します。素晴らしい「映画」でした。

 早速、大阪市国際交流課等に、このドキュメンタリーを連絡しました。これからは日仏文化交流に関心のある関係先や俳句愛好家に閲覧して頂く様努めます。

 序でながら、「蕪村顕彰俳句大学」へ、フランスからの俳句作品応募を、お待ちします。「この映画」を拝見させて頂き、一層強く感じました。
(締め切りは、8月10で御座います。)

 よろしくお願い致します。この度は「貴重な映画」をお送り頂き、心からお礼申し上げます。 以上


posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。