◆更新情報◆

2013年02月15日

政府から「国際俳句交流事業」推進に画期的ご支援

蕪村顕彰俳句大学
学長   川原 俊明

 NPO近畿フォーラム21主催の講座「蕪村顕彰俳句大学」は、来る3月24日(日)に開催する当大学第6期の「蕪村顕彰俳句大学の表彰式」で、「句会講座」出句作品と海外からの応募作品の優秀句に対して、表彰状を授与致します。



 こうした中で、慶事がありました。というのは、同表彰式に向けて、政府(外務省所管)の外郭団体:独立行政法人「国際交流基金」から、表彰式の「後援名義使用」と「国際交流蕪村賞に国際交流基金理事長賞の交付」が、承認されました。ご報告致します。
 これは、講座「蕪村顕彰俳句大学」と「蕪村生誕300年事業委員会」のこれまでの実績が認められ、特に第5期講座から始めた諸外国との俳句文化交流推進事業が評価されたことから、「表彰式の後援」と「国際俳句蕪村賞に理事長賞」授与が承認されたのです。

 政府から、我々が推進している「俳句文化交流推進事業」認めて、支援して頂くことになったことは、正に画期的であり、歓喜なことで御座います。




 ところで、独立行政法人「国際交流基金」(英語名:Japan
Foundation)は、日本の外務省が所管する独立行政法人の一つです。1972年に設立され、理事長は、安藤裕康氏。

 同法人の概要は、<「国際文化交流事業を総合的かつ効率的に行なうことにより、我が国に対する諸外国の理解を深め、国際相互理解を増進し、及び文化その他の分野において世界に貢献し、もって良好な国際環境の整備並びに我が国の調和ある対外関係の維持及び発展に寄与することを目的とする(独立行政法人国際交流基金法第3条)」

文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流、調査研究・情報提供を行っており、国内に京都支部を、海外21ヶ国に海外事務所23ヶ所を持つ。高円宮憲仁親王が職員として勤務していたことでも知られ、日本の国際文化交流の拠点となっている>ということです。(参考:ウイデェペキア)


 これにより、「蕪村顕彰俳句大学」は、「句会講座」と共に「蕪村生誕300年記念事業」と併せて、全国は勿論、世界に対して「大阪蕪村俳句文化振興」の発信を進めますが、今回の承認により更に「国際俳句交流事業」の世界への展開が一層進展出来ることになりました。
 これからは、「表彰式時の後援」だけでなく、「蕪村顕彰俳句大学」講座と「蕪村生誕300年記念事業」に「常時後援」のお願を申請したいと考えて居ります。


 政府の「国際交流基金」の支援を得たことにより、既交流先のロシア。フランス、ウクライナ、台湾に続いて、アメリカ、イタリー、ドイツ、ブラジル等、新しい「国際俳句交流先」との「絆」を結ぶ交渉を積極的に進めて参ります。



 ところで、今回の第6期表彰式での「国際俳句蕪村賞」には、ロシア。フランス、ウクライナ、台湾の「応募作品」の優秀句に「大阪知事・大阪市長・当学長」名と、今回承認された「国際交流基金理事長」名による賞状を授与致します。
 講座「蕪村顕彰俳句大学」表彰式の「ご後援」と「国際俳句蕪村賞」に「国際交流基金理事長賞」の授与が出来ることに、改めて深くお礼を申し上げます。

 政府から画期的なご支援を得たことにより、講座「蕪村顕彰俳句大学」の活動と、「蕪村生誕300年記念事業」に基づく「国際俳句交流」が、益々盛んになりますよう努力をして参ります。


 どうか、国内は勿論、世界の俳句愛好者の方々に、「日本伝統俳句文化振興」のご支援・ご協力を切にお願い致すと共に、特に諸外国の方には「国際俳句交流」の「絆」を新たに結んで頂きたく心から期待をしております。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ご報告とお願いまで。  2013.2.7


posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。