2013年06月30日

松尾芭蕉の青春時代

平井 修一(特別寄稿)
                

 青春と言うのはある程度"悶々"としていた方がいいのではないか。道を求めて先人の書物を乱読するという、後から振り返ればかけがえのない期間になるからだ。病床で「おくのほそ道」を読みながら、そう思った。  松尾芭蕉の青春時代は生地の伊賀上野(三重県伊賀市)を治める藤堂新七郎家の世継ぎ、良忠に仕えるようになった18〜19歳頃から始まる。

 藤堂家は文芸文筆に秀でた一族で、戦乱が終息し、安定した江戸時代にはさらに力を入れたという。良忠の趣味は俳諧で、芭蕉ともども京都の北村季吟に師事しており、芭蕉が仕官できたのも俳諧がとりもつ縁だった。

芭蕉の実家は名字帯刀は許されていたが身分は農民で、彼は次男坊だから実家には頼れない。良忠の近習あるいは料理人として仕官でき、禄を食むようになったことは大きな出世だったろう。

 しかし、好事魔多しで、芭蕉22歳のときに良忠が24歳で亡くなる。主君であり文学仲間でもあった良忠の死は、青年芭蕉に大きなショックを与え、この後、藤堂家を去る。

 そして7年後、29歳のときに芭蕉の最初の出版物「貝おほひ」を著わして俳壇に名乗りを上げることになるのだが、この間の7年間の消息はほとんど明らかになっていない。

 芭蕉研究の第一人者、萩原恭男は、この間芭蕉は禅林(禅宗寺院)で暮らしていたのではないかと、こう推測している。

 <生家を出た芭蕉は、その後の数年間の生活の場を京都の禅林などと想定するのがもっとも自然ではなかろうか。京都は亡君良忠の師、北村季吟の居所でもあり、俳諧への途を強く意識しつつ自立の方途をさぐり、同時に当面の生活をも支え修学、修行できる場所として、かかる好条件の場は他になかったに違いない>

 当時の京都の禅林には浪人などが常時200〜300人はおり、勤労奉仕、托鉢、座禅、漢詩文の素読を日課としていたという。芭蕉もその一人だったろう。

 芭蕉は大変な読書家である。「おくのほそ道」だけでも引用している本は123冊に及び、当時の名著、古典はほとんど読んでいる(「奥細道菅菰抄」)。たとえば――

 老子、荘子、書経、詩経、易経、論語、荀子、孟子から古事記、日本紀、前太平記、東鑑、源平盛衰記などの歴史書、大日経、金剛経、阿弥陀経、法華経などの仏典、万葉集、古今集、拾遺集などの歌集、源氏物語、伊勢物語、枕草子、徒然草・・・僧坊の書庫にある書物を片端から読んだろう。

 読書をしたからと言って青春の煩悶が消えるわけではないし、「人はかく生きるべし」といった明確な指針が得られるわけではない。読めば読むほどに問題意識や視野が広がるから、むしろ惑いは深くなるのかもしれな
い。

 芭蕉も「ある時は仕官をうらやみ、ひとたびは僧侶の途に入らんとせし」(「幻住庵記」)と悩みに悩むが、この精神の彷徨、精神の鍛錬こそが、やがては血肉に結晶するのではないか。芭蕉は「この一筋」と俳諧師として立つことを決心する。

 <ある時は俳諧に飽きてやめてしまおうと思い、ある時はすすんで人に勝って誇ろうとし、あれこれと迷い悩んで、そのために身も安らかではなかった。

 一時は世に出て立身出世を願ったが、この俳諧への執心のためにさまたげられ、また一時は学問をしておのれの愚かさを悟ろうと思ったけれども、やはり俳諧への思いのために破られ、ついに無能無芸のままに、ただ俳諧の一筋に生きる決意を固めた>(「笈の小文」)

 芭蕉が煩悶の中ではぐくんできた知識、教養、気骨、感性そして決意をもって江戸に向かったのは寛文12年(1672)、芭蕉29歳の時であった・・・

 書物があふれている時代が続いている。漫画やゲーム、オーディオ、ビデオなどを含めて娯楽の種類や量も今は爆発的に増えており、面白おかしく生きることが容易になった。だから若者が"悶々"とすることも暇を持て余すこともずいぶんと少なくなっているだろう。

 そのために思考することも少なくなり、逆境に遭うと思考停止のフリーズ状態になり、へたってしまう軟弱な若者が増えているのではないか。新入社員の離職率も年々高まっていると聞く。

 数十年、数百年と読み継がれてきた良書、古典を通じて学び、自らを鍛えるということは今の青春にはほとんどないのではないか。悩みがないか、せいぜい恋人がいないとか就職に苦労するくらいの矮小な悩みしかない。それは幸福そうに見えても実は不幸だろう。悩むべき時に悩まないツケは、いつかは回ってくるに違いない。(2013/06/28)

<「頂門の一針」から転載>
posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

第7期6月「句会講座」が終わりました

蕪村顕彰俳句大学 事務局

 第7期6月「句会講座」を締め括る山尾玉藻講師の「講座」が、6月26日に開かれました。この日の大阪は、梅雨に入ってからの最高の豪雨に見舞われ、開講できるかどうか懸念されましたが、大勢の受講生が参加され、熱意の籠った「句会講座」となりました。  同講座は、まず恒例に則って受講生出句作品を、受講生が3句選句し、発表し合う行事から行われました。

img_p090.gif


 続いて、山尾講師による「入選、佳作、秀作」の発表が行われ、このあと、出句された1句づつに対して、丁寧且つ詳細な「寸評」が行われました。講師による作品の手直し等に感動する雰囲気が盛り上がりました。そこで、山尾講師により「6月の秀句」に選句された作品と寸評を、講師から寄稿して頂きましたので、下記に掲載させて頂きます。 

★「秀句」
・<夏の月猫は尻尾をしまひけり>    助口もも

 夜風のよく通る縁側で寝そべっていた猫が眠くなったのであろうか、それまで伸ばしていた尻尾を体の中に丸め込んだのだ。猫が尻尾の力を抜き丸めるのは安心し切っている証拠である。「しまひけり」の的確の表現を得て、猫の様子が鮮明に浮かび上がる。涼しげな月が浮かび、昼間の暑さをふと忘れさせるような夜涼の一景。

・<夫の背に膏薬にほふ夏の月>     奥田順子
 
 ご主人の背中に膏薬を貼ってあげたのは作者であろうか、ご主人の背中から膏薬の匂いがふっとしたのだろう。少しは具合が良くなったのかな、と涼やかな月を仰ぎながらご主人を気遣う作者である。

・<でで虫の角ゆふづつをうかがへる>  山田美恵子
 
 「ゆふづつ」は太白星と書き、宵の明星、金星のことである。夕方、蝸牛が二本の触角を上向きに伸ばしたり縮めたりするのを目にした作者には、まるで蝸牛が触角で西空に金星が現れたかどうか探っているように思えたのだ。ちっぽけな蝸牛が悠久の宇宙と交信をしているかのようで、蝸牛を詠んでちょっとしたロマンがある。

・<千枚田を背負うてをりし蝸牛>    東 和子
 
 作者の眼の前を蝸牛がゆっくりと這っており、その向うを千枚田が空へ空へと広がっているという、奥行きのある景である。蝸牛にとって千枚田は全く知る所ではないのだが、作者には小さな蝸牛が千枚田を背負っているように思えたのだ。それを思い切った断定的擬人法で述べ、鮮やかで且つ微笑ましい一景を生んでいる。
(山尾玉藻講師評)

 流石、「秀句」に接し「寸評」を拝読しますと、秀句俳句の素晴らしさが胸に募ってきます。

 なお・山尾7月「句会講座」の兼題ですが、「夏木立」「朝凪、夕凪」、それに「蕪村に関する句」となっています。

 これから第7期7月句会講座が始まります。下記の日程で開講致します。
◆朝妻講師の講座は、7月8日(月)
◆大橋講師の講座は、7月12日(金)
◆山尾講師の講座は、7月24日(水)
以上です。

img_p090.gif


 ところで、初開催の「蕪村顕彰全国大会」が、3か月後の9月22日に行われます。どうか既に皆様にお配りしております「投句応募要綱」をご拝読頂き、締め切り日の7月31日までに、東京の文學の森社に「作品のご応募」をして頂きます様お願い致します。
以上
posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

「蕪村生誕300年祭」へご協力を

NPO法人近畿フォーラム21主催
蕪村生誕300年記念事業委員会 委員長
大阪市立大学大学院文学研究科 博士(文学)
村田 正博教授


 来る2016年、与謝蕪村が摂津国毛馬村(現在の大阪市都島区毛馬)に生まれて三百年の記念するべき年を迎えます。蕪村が我々にのこした俳句は、ことばの精華、論理と感性とがみごとに調和し結晶した、世界に誇ることができる人類の大きな遺産となっています。
 
 このことに思いをいたし、NPO法人近畿フォーラム21主催で「蕪村生誕300年記念事業委員会」を設立しました。  多くの市民に俳句に対する理解を深め、日本国内はもとより全世界に俳句を中心とする相互理解と連携を拡げるべく、まずは大阪府・大阪市・独立行政法人国際交流基金・大阪市教育委員会・学校法人追手門学院・日本書芸院・大阪文化団体連合会・大阪俳人クラブの後援のもとに、講座「蕪村顕彰俳句大学」の開講、「蕪村生誕300年祭」開催の準備を進めております。さらに俳句つくりの指導に力を尽くし、その成果に・「大阪府知事賞」・「大阪市長賞」・「国際交流基金理事長賞」・「大阪市教育会委員会賞」・「蕪村顕彰俳句大学学長賞」等を授与。「入賞句プレート碑」を蕪村公園内に設置しております。

 ところで今後、「蕪村生誕300年」を迎える2016年を目指して、下記事業の実現を期しております。


@ 俳句の理解、俳句の制作を通して、大阪と世界をつなぐ一大句会を開催すること。
A 蕪村、さらには俳句の、ITによる情報基地を開設すること。
B 大阪市における"北"の新しい中心として毛馬「蕪村公園」を位置づけ、大阪の文化や経
済の発展に寄与しうるようまちづくりを進めること。
(この事業は、大阪市立大学 大場茂明教授を特別顧問として始動しております。)
C高齢者の知識・経験を活かして俳句文化の高揚を図ると共に、
参加する同世代間の連携や支え合うシステムづくりを推進しながら、
高齢生甲斐の大切さを学び合うこと。

 以上、経済の街 大阪を、世界に発信する平和と文化のまちとして成熟させること、大阪経済に貢献してきた高齢者を改めて評価し、これからの俳句ボランティア活動を盛んにする。 そうした具体的な実現を蕪村ゆかりの毛馬の地から図ってゆきたいというのが、私どもの素志であります。

 ところで大変慶事なことですが、25年6月17日に月刊俳句誌「俳句界」の出版社・梶u文學の森」と共同事業を行う契約を結ぶことが出来ました。このため、同社から後援を頂くと共に、毎年度2回行っている「入賞句表彰式」の内、前期表彰式を「蕪村顕彰全国大会」の名称にして、25年9月22日(日)開催の第7期表彰式から開催することになりました。「同全国大会」には、全国の俳句愛好家から「作品応募」を行い、「入賞句」には上記掲載の各賞と共に「文學の森賞」も加え、授与いたすことにしております。この慶事を「蕪村生誕300年祭」とも連携させ大いに進めて行きたいと考えて居ります。

 どうか、この「お祭りの事業」に対して地元の皆様を始め、ご関心の深い方々に惜しみなきお心寄せとお力添えをたまわりますよう、こころよりお願い申し上げる次第です。
posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。