2012年06月24日

俳句エッセイI

                     「蕪村公園、知ってる?」
img_p090.gif


                                                   毛馬 一三
(蕪村顕彰俳句大学事務局)


与謝蕪村は、松尾芭蕉、小林一茶と並ぶ江戸俳諧を代表する俳人だが、その蕪村の生誕地がどこかということになると、あまりご存じない人が多い。

蕪村は、紛れも無く大阪市都島区の毛馬橋東詰(摂津東成郡毛馬村)の辺りで生誕している。それを顕彰する「蕪村記念碑」が、淀川毛馬閘門側の堤防に立っている。かの有名な蕪村の代表作・「春風や堤長うして家遠し」の句も、この記念碑の中に刻んである。

この他の顕彰物は、毛馬閘門の敷地の内に「記念碑」があり、そこからから流れる大川(旧淀川)を南へ500mほど下がった所のコンクリート橋で、蕪村直筆文字で橋名を刻んだ「春風橋」だ。ところが、かの有名な蕪村でありながら、生誕地を顕彰する蕪村のメモリアルは、大阪にはこの3件にすぎない。

これには蕪村自身の生き方にも関わりがありそうだ。蕪村は、享保元年(1716)に毛馬村の裕福な農家で生まれたが、幼くして両親と家を失ない、艱難辛苦重ね、18歳〜20歳の頃、毛馬村を出奔して江戸に出た。

途中京都で知り合った早野巴人と江戸に行き、弟子となった。運命の出会いだったのだ。巴人師匠から俳諧を学び出したが、26歳の時師が没した。芭蕉への思いの強い蕪村は、芭蕉の跡を慕って奧羽地方を放浪。宝暦元年(1751)京に移って俳諧に励む一方、南宋画家にも取り組み、池大雅と並ぶ名声を得ている。

京で68歳の生涯を閉じたが、終生故郷の毛馬村には帰っていない。しかし生誕地毛馬村の郷愁は人一倍強く、この毛馬村の情景を詠った「春風馬堤曲」という作品がある。これは生まれ故郷を懐かしく想いながら、この地で遊んだこと想いながら綴ったものだと、弟子への手紙に記している。

このように大阪とは縁の遠かった蕪村だったから、いまだに大阪には蕪村に関する伝承の文献も殆ど無ければ、生誕地に関する資料すら皆無だ。これが長い間、大阪で蕪村を顕彰する「資料館」さえ作られなかった理由だった。

しかし、10年頃前から都島区内を中心に、地元俳聖蕪村を大々的な顕彰しようという関係者の運動が活発になりだした。筆者も足並みを揃えて大阪市の助役やゆとりとみどり振興局長らに直訴した。

こうした動きに押され、大阪市が18年度から2年計画で、前述の「記念碑」と「春風橋」の中間にある市有地1.1hrの土地に、約2億5千万円をかけて「蕪村公園」を整備しだした。

同「蕪村公園」は、当初、蕪村の俳句や絵を紹介する「東屋」を建てるほか、公園内には大きな広場、その周辺には蕪村の俳句や絵に因んだ花木の植栽をする計画を立てた。そして大阪が輩出した蕪村に親しみ、また俳句愛好家が集まり「俳句」を開ける場所にする計画だった。

しかし、公園のシンボルとなる「東屋」は、残念なことに管理運営上難しいとの判断から、建設は見送られた。

同公園は、全国的に知られた大阪桜の名所・「毛馬桜の宮公園」の北端に位置し、市の中心地中之島に通じる大川沿いの桜回廊の出発点に位置する。また学生レガッタ練習や「花見遊覧船」の折り返し地点となる国の重要文化財の「毛馬閘門」の側にある。

いまは公園の植栽も充実しだし、整備もしっかり進められて「桜回廊」と同じ華やかさを見せており、顕彰される蕪村本人もご満足ではないだろうか。

またNPO法人近畿フォーラム21主催の市民講座「蕪村顕彰俳句大学」が受講生の優秀作品碑を既に4基(2012現在)立て、さらに同碑周辺に「蕪村句」に登場する樹木を多数植栽し、大阪市に寄贈している。協賛には感動だ。

是非、この「蕪村公園」をご覧になるようお勧めしたい。
                                  


    俳句エッセイの掲載始めました。 
             
            「俳句の楽しみ」、「俳句の難しさ」、「奥の深い17音節」など、
            俳句つくりにまつわる「エッセイ」をどしどしご投稿ください。
            一般の方のご投稿も大歓迎です。  
            尚、ご投稿は、事務局までメールかFAXにてお送り下さいませ。  

 「蕪村顕彰俳句大学」事務局 
電話・FAX    06−6928−9773
メールは   コチラ をクリック。

posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

台湾との「俳句交流」結実のご報告

                NPO法人近畿フォーラム主催
                   蕪村生誕300年記念行事実行委員会
 

 NPO法人近畿フォーラム21の「蕪村生誕300年記念行事実行委員会」では、目下同記念行事実施計画の検討を進めていますが、とりわけ「日本俳句の盛んな諸外国との俳句文化交流」を進める事業を主軸に据えたいと考えております。
 このため、交流の出来る諸外国の俳句出句者の優秀句に大阪府知事・大阪市長からの「国際俳句蕪村賞」を授与することが決まりました。
 そこでまず最初に、台北俳句会の黄霊芝会長からご紹介を頂いた「俳句文化に理解の深い」台湾の義守大学(ぎしゅだいがく : I-Shou University)應用日語学系に、同実行委員会の特別顧問の池尻申氏が6月14日に当大学を訪ね、「俳句交流の意義」と「交流の繋がり」の説明とお願いに参りました。
 当日は、義守大学 国際学院10階 應用日語系事務室に、李守愛博士、花城可裕専任講師、義大俳句会の学生が大勢集まって頂き、俳句交流を巡り活発な意見交換を行いました。
 その結果、何とその場で、当NPO法人と義守大学の間で「俳句交流」絆が結実したのです。感激の極みです。これに優る喜びはありません。
 
 そこで以下、その時の池尻申氏の感慨と今後の想いの寄稿を記載します。


<◆台北俳句会の黄霊芝会長のご好意で義守大学の花城先生をご紹介頂きました。 同先生は、才あり、熱あり、こころありの素晴らしい先生でした。台湾の大学で日本文化を通じて”日本のこころ”を伝えようとされています。
 花城先生の国、文化への思いは、東北大震災の際に、被災地を励ます句集を編纂され、台湾から被災地に送られた事に込めらており、感動しました。
 李守愛博士も、平安時代を研究されている先生で、とても綺麗で、品格のある日本語を使われる素敵な先生でした。李博士、花城先生が教えられている、義守大学の学生の皆様が「俳句」を通じて、私たちにどのような”台湾のこころ”を伝えて頂けるのか、今からとても楽しみです。
 台湾の先生、学生の皆さんは、とても”信義”を大切にされる皆様でした。相手を思いやるこころに溢れていました。この点が、今回の「俳句」を通じて行う”こころとこころのコミュニケーション”の大切なテーマであり、今、一番日本人が思い出さなければならない「大切な価値観」であると思います。

 今後さらなる、世界中の国からの参加を予定しております。
世界の人々が俳句というエンターテイメントSong(自分気持ちを表すこと)で心をひとつにする事を目標に、一歩一歩進んでまいります。 
                                       (蕪村生誕300年記念実行委員会 特別顧問  池尻 申)>
                           

          
 @義守大学 日本文化を学ぶフロアー   A 義守大学俳句会の学生の皆様との会議風景

         
 B義守大学日本語学科 花城先生との記念写真  C李博士 花城先生 学生俳句会の皆様



 以上の寄稿を読むだけで、まずは台湾と「国際俳句蕪村賞」の基になる「国際俳句交流」の第一歩が踏み出せたたことに心から喜びを感じます。これから欧州諸国との交流についても努力をしていく方針です。



posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

第6期講座のご案内

蕪村顕彰俳句大学
<第6期講座のご案内>
                  〜平成25年10月〜25年3月まで〜

          主催 : NPO法人 「近畿フォーラム21」
                講座「蕪村顕彰俳句大学」 学長 川原俊明(弁護士)
          後援 : 大阪府・大阪市・大阪市教育委員会・学校法人追手門学院・
               (社)日本書芸院・大阪文化団体連合会・大阪俳人クラブ

■ 第6講座「蕪村顕彰俳句大学」(@Aは一般講座、Bは教諭講座、Cは部会)

 @「句会」講師 : 俳句会「雲の峰」主宰 朝妻 力
      講座日 : 原則 毎月月曜日:13時〜16時
            10月8日, 11月12日,12月10日, 1月21日,2月11日 
            <計5回>定員40名

  A「句会」講師 : 俳句会「火星」主宰 山尾玉藻
       講座日 : 10月24日(水),11月29日(木),12月21日(金)
               1月23日(水), 2月22日(金)
       時間 : 13時〜16時 : <計5回>定員40名

 
  B「小中高国語担当教諭講座」
      講座日 : 原則 毎月土曜日:10時〜正午/1月だけ夜間講座 :<計5回>
    ・10月13日(土) 10時〜12時 講師 浅川 正「雲の峰」編集長
    ・11月17日(土) 10時〜12時 講師 戸栗末廣「火星」主要同人
    ・12月15日(土) 10時〜12時 講師 浅川 正「雲の峰」編集長
    ・ 1 月25日(金) 18時30分〜20時30分 講師 三村純也大阪芸術大学教授  
    ・ 2 月23日(土) 10時〜12時 講師 藤田真一関西大学文学部教授

 C「国際俳句蕪村賞選考部会」 : 委員長 三村純也大阪芸術大学文学部教授

■会場: 学校法人追手門学院大阪城スクエアー6F
     (大阪市中央区大手前1−3−20 電話:06−6942−2788 )

■講師: 三村純也大阪芸術大学文学部教授・藤田真一関西大学文学部教授
      明珍健一花園大学文学部准教授・朝妻 力「雲の峰」俳句会主宰
      山尾玉藻「火星」俳句会主宰・浅川 正「雲の峰」編集長
      戸栗末廣「火星」主要同人

■蕪村生誕300年記念行事実行委員長: 村田正博大阪市立大学教授
 
■表彰句選考委員会: 三村純也大阪芸術大学文学部教授(選考委員長)
               茨木和生俳人協会理事・宇多喜代子現代俳句協会会長
               千原叡子日本伝統俳句協会関西支部長
■表彰式「府知事・市長・大阪市教育委員会委員長・学長」各賞を授与
       日時 : 平成25年3月24日(日)午前10時から正午(予定)
     式典会場 : 大阪市都島区毛馬町3-5-39 大阪市立淀川小学校「多目的室」
    <式典後> 毛馬・蕪村公園で「表彰句プレート碑」の除幕式

 <蕪村顕彰俳句大学への受講お申込み
  ・受講費 : 12,000円(5回講座料・税込み)
  ・振込先 : 三井住友銀行 赤川町支店
         普通口座 1595832  近畿フォーラム21蕪村顕彰俳句大学
          (振込料はご負担下さい)

お申込みは、
@お名前(ふりがな)、A住所、B電話番号・FAX番号(あれば)、Dメールアドレス
をご記入の上、下記事務局までメールか、FAXにてご送信下さい。(担当 池尻)
            印刷用・受講申込用紙はコチラ

jimukyoku_ad3.gif
posted by 蕪村顕彰俳句大学事務局 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。